大阪市で歩行改善のための理学療法士(PT)による自費の訪問リハビリ

お問い合わせはこちら

ブログ

大阪市で歩行改善のための理学療法士(PT)による自費の訪問リハビリ

2019/11/05

歩行改善のための理学療法士(PT)による自費の訪問リハビリ(自費リハビリ)は多くの方からご依頼があります。

 

今回は大阪市のご利用者様のケースをご紹介します。

 

以前に軽い脳梗塞をされていますが、ご自宅内は伝い歩きにて移動されています。
しかし、徐々に歩行が不安定になり、時々自宅内で転倒されるようになりました。
家族様が自宅内に手すりを数カ所設置したものの、歩行時にふらつくことがみられる状態です。

 

ブリッジの自費の訪問リハビリ(保険外リハビリ)では、両下肢(足)の関節可動域訓練、両下肢の筋力強化訓練、起立訓練、歩行訓練を中心に実施しています。
また、歩行時のポイントのアドバイスや環境設定(置き型手すりの位置や動線の調整)、ご自身で行える自主トレーニングも行なっています。

 

まだ自費訪問リハビリテーションは始まったばかりですが、訪問リハビリを開始してから自宅内での転倒はみられなくなっています。

 

引き続き、訪問リハビリで歩行の安定性向上(転倒予防)、下肢筋力の向上に努めていきます。

 

ブリッジの自費の訪問リハビリは大阪府全域、兵庫県東部に事業展開をしています。
(大阪市、堺市、和泉市、高石市、大阪狭山市、富田林市、河内長野市、羽曳野市、松原市、藤井寺市、泉大津市、岸和田市、貝塚市、泉佐野市、泉南市、尼崎市など)

 

理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)が在籍していますので、筋力の改善、関節可動域の改善や関節拘縮の予防、基本的動作(起き上がり、座位保持、立ち上がり、歩行など)の改善のほかに、嚥下訓練や失語症訓練、構音訓練などもリハビリで行えます。

 

ブリッジの自費の訪問リハビリに関して、どのようなことでもお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ、ご依頼もお待ちしております。