和泉市で脳梗塞改善の自費の訪問リハビリ

お問い合わせはこちら

ブログ

和泉市で自費の訪問リハビリ(自費リハビリ)のご契約

2019/11/06

和泉市で自費の訪問リハビリのご契約を先日していただきました。

 


右利きのご利用者様は脳梗塞の後遺症で右上肢に麻痺が残ってしまいました。
中でも右手指に麻痺がやや強くみられ、箸が上手く使用できない状態です。

 

ブリッジの自費の訪問リハビリでは、徒手での筋力強化訓練に加えて、「セラパティ」という粘土のようなリハビリ専用の道具も用いて指の筋肉の強化を行っています。

 

セラパティでは握る運動(各手指の屈曲・内転)、箸でセラパティを少しずつちぎる練習など、色々な練習を行うことができます。

 

手指の関節可動域訓練や運動学的アプローチも行っているので、リハビリの後には手指が軽く動くとおっしゃっています。

 

ブリッジでは自費の訪問リハビリを行うにあたり、主治医の「訪問リハビリ指示書」を発行していただいています。
病院を始めとした各関係機関との連携をしっかりととっているので、安全面の管理(リスク管理)もしっかりと行っています。

 

ブリッジの自費訪問リハビリテーションには臨床経験豊富な理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)が在籍しています。
脳卒中(脳梗塞や脳出血など)や骨折などの整形外科疾患、循環器疾患など全ての疾患に対応が可能です。
ご利用者様のご意向を尊重し、充実した生活をサポートいたします。

 

ブリッジが行う自費の訪問リハビリにご関心のある方は、どのようなことでもお気軽にお問い合わせください。

 

 

電話でのお問い合わせ、ご依頼もお待ちしております。