大阪市で脳梗塞のPT(理学療法士)による自費の訪問リハビリ

お問い合わせはこちら

ブログ

大阪市で脳梗塞のPT(理学療法士)による自費の訪問リハビリ

2019/10/26

大阪市で行っているPT(理学療法士)による脳梗塞の自費の訪問リハビリのご紹介です。

 

ご利用者様は脳梗塞を発症され、病院での急性期・回復期リハビリを頑張られてご自宅に退院されました。
入院中、回復期病院でのリハビリは毎日3時間程度ありましたが、自宅に戻られてからは介護保険を使ってのPT(理学療法士)の訪問リハビリが週に1回(40分)しか受けられていない状態でした。

 

病院では1ケ月に約90時間のリハビリテーションを行えていたにもかかわらず、自宅に戻ってからは1ケ月に約2時間しかリハビリテーションができなくなりました。

 

このような状態の中、家族様がケアマネージャー様よりブリッジのことをお聞きになられてご利用を決めていただきました。

 

現在は週に2回、ブリッジで理学療法士の自費(保険外)の訪問リハビリを受けられています。
立ち上がりや歩行動作などの基本的動作の安定性向上目的でリハビリを頑張られています。

 

周りをみわたすと、リハビリをしたくてもできない「リハビリ難民」の方が在宅や施設ご入居中の方でも非常に多いです。
脳梗塞や脳出血などの脳卒中の改善は6ヶ月を過ぎても、確実にみられます。
脳卒中の発症から2年が経過している方でも改善がみられています。
せっかく病院でのリハビリテーションを頑張ってこられたのに、急激にリハビリ時間が減ってしまっては身体機能や日常生活動作の低下を引き起こしかねません。

 

ブリッジが行う自費の訪問リハビリは、介護保険の訪問リハビリと併用ができますので、ご利用者様のスケジュールに合わせてご利用していただけます。

 

ブリッジには理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)が在籍しています。
関節を動かしたり、筋力トレーニングを行う理学療法士のリハビリに加えて、言語聴覚士(ST)による嚥下訓練、失語症訓練や構音訓練も行えます。
自費の訪問リハビリ(自費リハビリ)にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合せください。