尼崎市で行う自費リハビリ(自費の訪問リハビリ)

お問い合わせはこちら

ブログ

尼崎市で行う自費リハビリ(自費の訪問リハビリ)

2019/12/06

本日はブリッジが尼崎市で行う自費リハビリ(自費の訪問リハビリ)のご紹介をします。

 

ご利用者様は脳梗塞の後遺症で左半身に麻痺があります。
脳梗塞の発症から7か月が経っています。
介護保険の訪問リハビリを週に2回とブリッジの自費の訪問リハビリ(自費リハビリ)が週に2回と併用してご利用されています。

 


病院からの退院後は立ち上がりは努力性で介助量も多い状態で起立練習を中心に実施していましたが、退院後から3ケ月が経った現在はオルトップと呼ばれる足首少し上までの装具と四点杖にて自宅内の歩行練習が行えるようになっています。

 

立ち上がり動作時に左(麻痺側)の足にも徐々に体重をかけられるようになってきています。
徐々に歩行の距離も伸びてきており、歩行時のからだのふらつきも減少傾向にあります。
歩行に関してもまだまだ改善がみられそうな感じで、現在の四点杖から一本杖への移行も目標の一つに入っています。

 

また、家族様への介助方法のアドバイスも積極的に行いました。
ベッドからの起き上がりやベッド⇔車いすの移乗動作など、本人様も介助者も安全で極力楽に行える方法をアドバイスしました。

 

移乗動作が楽に行えるようになられたので、今では天気の良い日に車いすで散歩に行けるようになりました。
今後は車への移乗動作の練習を行う予定です。

 

ご利用者様はいつも笑顔でリハビリを頑張られており、こちらが元気をもらっています。
今後も引き続き、充実した生活のために、リハビリを一緒に頑張っていきます。

 

ブリッジが事業展開している自費の訪問リハビリは、大阪府全域・兵庫県東部のエリアに訪問が可能です。
(大阪市、堺市、豊中市、吹田市、高槻市、茨木市、枚方市、和泉市、高石市、大阪狭山市、富田林市、河内長野市、羽曳野市、松原市、藤井寺市、八尾市、東大阪市、泉大津市、岸和田市、貝塚市、泉佐野市、泉南市、尼崎市、伊丹市、西宮市など)

 

セラピストは経験豊富なベテランの理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)が多数在籍しています。
お一人おひとりの目標や身体機能に合わせたプログラムをたて、改善に向けてリハビリをすすめていきます。

 

訪問はご自宅はもちろんのこと、施設にも訪問が可能です。
施設は住宅型有料老人ホームや特定施設の介護付き有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)など様々な施設に訪問が可能です。

 

ブリッジが行う自費のリハビリサービスにご関心のある方は、リハビリの内容や開始までの流れなど、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

電話でのお問い合わせ、ご依頼もお待ちしております。