大阪市の介護付き有料老人ホームで訪問リハビリを自費で行っています

お問い合わせはこちら

ブログ

大阪市の介護付き有料老人ホームで訪問リハビリを自費で行っています

2019/12/16

ブリッジは大阪市のご自宅や、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)、グループホーム、特別養護老人ホーム(介護老人福祉士施設)のほかにも介護付き有料老人ホームにも訪問を行っています。

 

介護付き有料老人ホームは特定施設と呼ばれ、介護保険での訪問リハビリができない施設になっています。

 

ブリッジの訪問リハビリ(自費)のサービスは上記のような特定施設にも訪問が可能です。

 

本日も介護付き有料老人ホームに入居中のご利用者様への訪問リハビリを行ってきました。
この方はリハビリを開始して2ヶ月になりますが、日に日に動けるようになってきています。

 

元々は日中はほとんどベッド上で寝たきりの状態で、立ち上がり動作はほぼ全介助の状態でした。
リハビリにしっかり取り組んでいただいた結果、現在は立ち上がりは中等度介助にて可能になり、リハビリを開始する前にはもう無理だと思われていた(本人様も無理だと思っていた)歩行も行えるようになっています。

 

本日は手すりと療法士(理学療法士:PT)の上肢介助にて5m程度の歩行訓練を行いました。
リハビリを開始してから一番長い距離を歩行することができ、ご利用者様は満面の笑みを浮かべられていました。

 

リハビリの当初の目標であるで「ベッド⇔車いすの移乗動作を軽介助で行えるようになる」というのも徐々に近づいてきています。

 

ブリッジは大阪府全域・兵庫県東部にて自費の訪問リハビリ(自費リハビリ)のサービスを展開しています。
(大阪市、堺市、豊中市、吹田市、高槻市、茨木市、枚方市、和泉市、高石市、大阪狭山市、富田林市、河内長野市、羽曳野市、松原市、藤井寺市、八尾市、東大阪市、泉大津市、岸和田市、貝塚市、泉佐野市、泉南市、尼崎市、伊丹市、西宮市など)

 

自費のリハビリサービスになるので、どのような場所にも訪問することが可能です。

 

療法士は理学療法士:PT、言語聴覚士:STが多数在籍していますので、身体の機能訓練や、立ち上がりや歩行訓練ほかにも嚥下訓練や失語症・構音訓練も行うことが可能です。

 

ブリッジが展開する自費の訪問リハビリ(自費リハビリ)のサービスにご関心のある方は、どのようなことでもお気軽にお問い合わせをください。

 

 

電話でのお問い合わせ、ご依頼もお待ちしております。