大阪市で自費リハビリを行うブリッジ

お問い合わせはこちら

ブログ

大阪市で自費リハビリを行うブリッジ

2020/01/22

ブリッジは大阪市で自費リハビリ(自費の訪問リハビリ)のサービスを展開しています。

 

病院や訪問リハビリでの経験豊富なベテランの理学療法士(PT)や言語聴覚士(ST)が、皆様のご自宅や施設に訪問をいたします。
ご利用者様、お一人おひとりに最適なプログラムをご希望やリハビリの目標に合わせて作成してすすめていきます。

 

脳卒中(脳梗塞や脳出血など)の後遺症がある方や、骨折手術後で筋力や関節可動域、動作の向上をされたい方、身体の体力や力をつけたい方(廃用症候群やフレイル、サルコペニアなどの予防)、循環器疾患(心不全やCOPDなど)をおもちの方、などどのようなご状態にでも対応が可能です。

 

訪問ができる施設は、介護付き有料老人ホーム住宅型有料老人ホームサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)グループホーム特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)ケアハウスなど、様々な施設への訪問をおこなっております。

 

ブリッジの自費リハビリ(自費の訪問リハビリ)の特徴は、ご利用者様がリハビリのセンターや施設にまで通わなくてもいいということです。
普段の生活の場面で、生活に必要な動作を練習することができまし、通いの時間の節約にもなります。

 

また、普段の生活場面での動作方法のアドバイスや家族様や施設スタッフ様への介助方法のアドバイスも行なっております。

 

ブリッジの自費リハビリ(自費の訪問リハビリ)の開始前は、施設内の移動は車椅子の介助だった方が、リハビリテーションを頑張られて動作や麻痺、筋力が改善し、歩行器や杖にて歩行が行えるようになるケースも珍しくありません。

 

また自宅で生活をしていた方で、日中はほぼベッドの上で過ごされていた方が、起き上がり動作や移乗動作(ベッドと車椅子)の動作方法や家族様に介助方法のアドバイスを行いました。その結果、以前よりも楽に安全に動作が行えるようになり、車椅子に座る時間が増え、時々家族様と外出もできるようになられた方もいらっしゃいます。

 

普段の生活で少しでも動けるようになれば、身体に対して好循環が生まれます。
腕や足の骨格筋だけでなく、内臓系(心臓や肺など)にも運動はいい影響を与えます。

 

ブリッジの自費リハビリ(自費の訪問リハビリ)に関しまして、サービスの詳細やご利用の開始の流れなど、どのようなことでもお気軽にお問い合わせをください。

 

 

 

電話でのお問い合わせ、ご依頼もお待ちしております。