堺市で自費リハビリを行うブリッジ

お問い合わせはこちら

ブログ

堺市で自費リハビリを行うブリッジ

2020/01/23

ブリッジは堺市で施設やご自宅に訪問を行い、自費リハビリ(自費の訪問リハビリ)のサービスを展開しております。

 

脳卒中(脳梗塞や脳出血など)の後遺症で麻痺が残った方や骨折手術後の方、心不全や呼吸器障害などの循環器疾患をおもちの方など、様々な症状に対応が可能です。

 

また、近年言われている「フレイル」や「サルコペニア」、廃用症候群の方にも自費リハビリ(自費の訪問リハビリ)をご提供しています。
上記の症状は、運動量の低下により引き起こされるものです。

 

脳梗塞や脳出血などの脳卒中は、6ヶ月間しか改善がみられないと勘違いをされている方が多いのですが、6ヶ月を過ぎても麻痺は改善していきます。

 

ブリッジのご利用者様でも、回復期の病院(約6ヶ月の入院)を退院された後に訪問をリハビリを行っている方が多くいらっしゃいます。
ほとんどの方が、ご自宅や施設に戻られてからも麻痺や日常生活活動(ADL)の改善がみられています。

 

もちろん骨折手術後の方や、循環器疾患をおもちの方でも、同様に筋力の向上や動作の改善がみられることが多いです。

 

訪問地域は堺市以外でも大阪府全域・兵庫県東部に可能です。
(大阪市、堺市、豊中市、吹田市、高槻市、茨木市、枚方市、和泉市、高石市、大阪狭山市、富田林市、河内長野市、羽曳野市、松原市、藤井寺市、八尾市、東大阪市、泉大津市、岸和田市、貝塚市、泉佐野市、泉南市、尼崎市、伊丹市、西宮市など)

 

ブリッジの自費リハビリ(自費の訪問リハビリ)の特徴は、

・訪問リハビリなので、リハビリセンターに通わなくてもリハビリが行える
・病院や訪問のリハビリでの経験豊富な療法士(理学療法士:PT、言語聴覚士:ST)が多数在籍している

・主治医より「リハビリテーション指示書」を発行していただいているので、医療機関との連携やリスク管理も徹底して行えている

ことが挙げられます。

 

ブリッジの自費リハビリの詳細やご利用までの流れなど、どのようなことでもお気軽にお問い合わせをください。

 

ブリッジは個別の訪問リハビリテーションのほかにも、施設でのグループリハビリテーション事業もサービス展開をしています。
施設関係者の方もお気軽にお問い合わせをください。

電話でのお問合せ、ご依頼もお待ちしております。